ホーム > Book > 柳田国男 海上の道

柳田国男 海上の道

コラム・比嘉康文の沖縄通信:柳田国男の「海上の道」の舞台の八重干瀬 3月31日に日本最大のサンゴ礁群が浮上

柳田国男は『海上の道』で、日本民族の渡来について仮設を発表している。その中で、貨幣としての宝貝を求めて中国から来た人々が宮古島に住み着き、日本人の祖先となった、と述べている

広告
カテゴリー:Book
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。