ホーム > MUSIC > ジュニア・ウェルズと共演。スティービー・ワンダーから絶賛を受ける

ジュニア・ウェルズと共演。スティービー・ワンダーから絶賛を受ける

昨夜の阿佐ヶ谷のライブも最高でした!!

KAZUKIのおすみつきっ!その12/平成生まれのハーモニカプレイヤー太郎くん!!”Blind Lemon Brothers”千賀太郎(Harmonica,vo) : コラムで読むライブ : ライブ情報 — Live Market : カナロコ — 神奈川新聞社

千賀太郎(Harmonica,vo)profile:
1970〜80年代に東京グラムロック・シーンを彩った「SWAY」のギタリスト千賀明三が、アメリカ人ブルースハープ奏者のブルース・カークと共に1992年(平成4年)Blind Lemon Brothersを結成(後にハープは、現在若手No.1のKOTEZにチェンジ)。自宅でリハーサルを重ねるうちに当時2〜3歳だった太郎がブルースハープに目覚めていく。
そして、太郎をメンバーにライブを重ねるうちに、その姿がTV関係者の目に止まり、1996年(平成8年)、NTV「超・天才たけしの元気が出るTV」に8週出演、太郎は「天才ハモニカ少年」と呼ばれる。
ブラックミュージックの殿堂、N.Y.ハーレム「アポロ・シアター」のビッグスターへの登竜門アマチュアナイトで2位。マンスリーチャンピオン、グランドチャンピオン大会にも出演。名門ブルースクラブの「BLUE CHICAGO」にて、シカゴ・ブルースの大御所、ジュニア・ウェルズと共演。スティービー・ワンダーから絶賛を受ける。1997年(平成9年)には、『富田勲サウンド・クラウド Plus Mind Of Univers』に出演(名古屋ドーム)。共演に、レイ・チャールズ、ディオンヌ・ワーウッィク、マンハッタン・トランスファー、リック・ウェイクマン等。
全日本ハモニカ連盟特別賞も受賞。
同年から、ポール・ジャクソン(ex.ハービー・ハンコック ヘッド・ハンターズ)のプロジェクト「JAZZ FOR KIDS」にも参加。
メンバーはポールの他、井上尭之(ex.スパイダース)、塩次伸次、樋口昌之等。一部流動的ながらも断続的に現在も活動を続けている。
 1998年(平成10年)、リー・オスカー(ex.WAR)から「太郎アルバムをつくらないか」と持ちかけられ、L.A.にてレコーディング。
リーは自分のアルバム用に用意していた曲を太郎へプレイさせ、自分はプロデュースにまわった。このアルバムは当時契約のあった東芝EMIより発売。また同年、「第18回宵々山コンサート」に出演(京都・円山公園音楽堂)。
 1999年(平成11年)、「世界ハモニカ連盟世界大会」(パリ)へ呼ばれる。チャーリー・マッコイ、ジョン・ラーブル、ハーモニカ・キャッツらと出演。
その後も全国ライブハウスなどで年間100本を超すLiveを続け、2006年(平成18年)には、「B.B.キング ブルースクラブ」(メンフィス)にも出演。ソウル、ブルースの名門、スタックス・レコードのプロデューサー、デビッド・ポーター氏と知り合い、次回渡米の際のレコーディングを約束する。
現在も数多くのLiveをこなす。

広告
カテゴリー:MUSIC
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。